読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡

平凡

フリーランス的ゴールデンウィークはどうですか? ぼちぼち仕事です。

「いつお休み取るんですか?」

「土日は休めるんですか?」

 

フリーランスだと話すと、まず最初に聞かれることだ。

これに対する私の答えは、「土日は、まあ、気は休まりますかねー」。

なんとも❝もにゃっ❞としている。

 

理論上は、フリーランスなので、休みたいときに休むことができる。

 

しかし、私の仕事は工程的には「川下」にあたるので、

金曜日に「では、仕上がりは休み明けに!」と言われることは多い。

「土日があるから大丈夫ですよねー」が重なっていくと、

大丈夫じゃなくなる、ということは、ままあるのだった。

 

また、仕事上、取引先以外にも、さまざまな関係各所に連絡やお願いをすることは多い。

土日はもちろん、ほとんどの関係先に連絡はつかない。

しかし、現代には、ネットという便利なものがある。

はじめてコンタクトを取る場合でも、

メールフォームやメールで土日のうちに連絡をつけておくと、

月曜日からの作業がスムーズになるのだ。

 

土日は取引先も休みなので、連絡や確認事項が外から「くる」ことは少なくなる。

なので、雑事をまとめてやっつけることができるし、

「川下」にあたる作業を集中してやることもできる。

仕事をしていても、気持ちはやはり平日とは違っている。

静かに自分のペースで仕事が進められる、

ちょっとしたボーナスステージ感覚だ。

一方で、スケジュールが空けられれば、完全に仕事を忘れることも可能だ。

それをざっくり表現すると、「土日は気は休まる」という表現になるのだった。

 

会社員だって、仕事が終わらなければ休日出勤をするものだ。

ただ、休日前に、土日に進めること前提で仕事をふられるあたりは、

少々違っているかもしれない。

「休日出勤」(在宅だが)の割合はちょっと……いや、かなり多い……といえよう。

また、家で仕事をしているので、遊んだ前後に、

ちょこっと仕事をすることもできる(できてしまう)。

 

ただ、平日は空けようと思ってもなかなか空けられないので、

休むとしたら土日のほうが予定は立てやすい。

理論上はいつでも休めるはずだけれど、私にとっては、それはあくまで机上の話だ。

 

夫は土日が休みなので、なるべく土日の作業は少なくして、ふたりで過ごすようにしている。

交際中は、がっつり土日2日間デートをすることが多かったのだが、仕事をどうしていたのだろうと今になって思う。

あまり「やればできる」とも思えないので、金曜の夜や日曜の夜に頑張っていたのだろう。

仕事が切羽詰まったら、もちろん会わずに仕事をしていたのだが……。

 

で、今週のお題である「GWどうですか?」。

今年のゴールデンウィークも、

ゴールデンウィークがあるから大丈夫ですよね♥」という案件がわりと重なっているし、

祝日に外出を伴う仕事も決まっている。

ただ、この1~2週間、必死で手配して、休み中に「川下」の仕事ができるようにした経緯があるので、

そう悲観的なものでもない。

納期が決まっている以上、休み中に動けないのは、それはそれで厳しいのだ。

 

ゴールデンウィークは、毎年似たような感じだ。

ただ、夫と付き合ってからは、1泊2日くらいの旅行にはなんとか出ている。

出先で関係各所から問い合わせの電話がかかってきて、

心臓に悪いこともあるけれど。

 

今年は夫も、ゴールデンウィーク前半は仕事があるようだ。

家の雑事があるので、1泊2日の旅行もなし。

本当は、笠間の陶炎祭に旅立ちたかったな……。

いやいやせめて、ふたりでスーパー銭湯にでも行きたいな……。

なんとか仕事をそつなくこなし、かつ、ちょっとでもリフレッシュしたい。

そんな一縷の希望を乗せて、ゴールデンウィークは後半へと突入していくのであった。

 

今週のお題ゴールデンウィーク2016」