平凡

平凡

小説生成AI「AIのべりすと」で遊ぼう!

タイトル通り、小説の続きをAIが書いてくれるサービス「AIのべりすと」がおもしろい! という内容です。

読み切りマンガ『鍵がない』はなぜおもしろいのか

先日バズっていた伊藤拓登さんの短編『鍵がない』はなぜ人を惹きつけるのか? なぜおもしろいのか? を考えました。 いやほんと読み終わった後、「よかった!」って言える作品なんです。

『ベルセルク』連載再開! 今こそ『ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り』を読んで三浦健太郎さんと森恒二さんの関係を(さらに)知ってくれ!

『ベルセルク』連載再開に寄せて、三浦健太郎さんと森恒二さんがそれぞれ突撃取材されており、その関係性に胸が熱くなる『ニコ・ニコルソンのマンガ道場破り』を読んでほしい、という記事を書きました。

5月が終わり、湿度は高く

5月のまとめです。見た、読んだという話ばかりでゴールデンウィークとはなんだったのか……!?

子どもをもつことについての本音の話

ぶっちゃけ(自分自身の)妊活っぽいこと全般に対して、どう思ってんのーという話を書きました。情けない感じです。こんな情けない大人がいるのかーとも思いますけれども。

ユートピアはディスプレイの向こうに消えた

インスタでお気に入りだった牧場が消えた、という話を書きました。

行ってない店はつぶれる、使ってないサービスはなくなる、そして。

そのものズバリ、みんな選挙に行こうよお~。選挙がなくなっちゃったら怖くない? という話を書きました。

シルバニアファミリー遊び。その敗北の歴史。そして親の愛

ちいさいころにいまひとつ上手くできなかったシルバニアファミリー遊びの話と、邪道な遊び方をしていたおかげ(?)で触れた親の愛、みたいな話を書きました。

ライターちょっと怖い話。「世にも奇妙な明治創業」編

ライターやっててヒヤッとした話を書きました。怖い怖い、誤情報怖い……!

人生に負けないように

保護猫カフェのかつての“推し猫”にいまでも勇気をもらっている、てな話を書きました。

ライターとして書くなら好きなジャンルを書いたほうがいい? そこんとこどうなの?

「好きなもの」について仕事として書くことはどうなのか? についての記事です。

命の引き潮のなかで、砂浜からうつくしい貝殻が姿を現すように

興味が持てなかったことに興味が持てるようになる。年を取るのも捨てたものではないかも、てな話を書きました。

それでもEvernoteは埋まっていく

創作についての心の叫び、みたいなものです。

4月点描

4月の振り返りを書きました。物理書籍を買い込んだり、感想が読まれてうれしかったり。

昭和洋食幻想

家で豚ステーキを焼いて、“あの頃の洋食”を思い出した、てな話を書きました。

未知なるもの、犬。そして夕暮れ。覚悟がある者だけが得られるものについての話

飼ったことがない犬についてのあこがれに近い気持ちと、人生の覚悟と焦りについての話です。

もしも英語が使えたら、世界じゅうの猫と出会えるだろう。しかし……

小さなころから猫好きだ。 猫グッズや猫の写真がプリントされた文房具やカレンダーを買うことが多かった。 しかし、不満がひとつ。 「もっと自然な猫ちゃんが見たい!」 「子猫ばかりが、名前のある種ばかりが猫ちゃんではない!」 子猫はかわいい。 そりゃ…

嗚呼、人生カードゲーム

ぜえはあ。めっちゃ息が上がっている。 ももを上げて、あと一歩。それだけのことが次第に難しくなってくる。 わたしは先を歩く男性に声をかける。 「えっと、そこ……そこからの眺望を撮ってください」 山での撮影中なのであった。 カメラマンさんは冷静にカメ…

『継母だけど娘が可愛すぎる』がおもしろ過ぎてつらい

ピッコマ連載中の『継母だけど娘が可愛すぎる』の面白さ、ひいてはウェブトゥーンの魅力を書きました。

みんなで作るのって楽しいね

モノを撮影する「物撮り」って楽しいねえという話をライター視点から書きました。 ライターとしては「スポットライト係」になりたいのです。

魔法はいつか解ける。だから魔法なのだ

Ingressというゲームのプレイヤーだったころ、魔法にかかっていたなあ……という話を書きました。人はいろんな理由で何かを始めたり辞めたりしますよね。

点心、そしてピカールで飛ぶ

異国情緒ある食べ物っていいよね、てな話をティム・ホー・ワンとピカールの名前を出して書きました。

ちいさなお墓

どうしてお墓参りをしようなんて言ったのか、もう覚えていない。 「そういえば、甲野のおばさんのお墓ってどこにあるのかな」 そう言ったのは、たしかわたしだった。 帰省中で、わたしは時間を持て余していたのだ。 たまに帰省したのだから、親との時間を過…

「書き慣れちゃったなあ」からの……

書き慣れて狭い見識でものを書くのもおそろしい。 一方で、自分の文章のつたなさもおそろしい。 書くことについての、ぼやきです。

あんまり言及されないけど、フリーランスに必要だなーと思うこと

独立するなら、「窓」を開けることが大切かも、という話を書きました。わたしがダメダメなだけかもですが……。人付き合いが苦手で独立考えている人にはぜひお伝えしたいことです。

ライター仕事で知った“美味しい”を伝える才能

ライターとしてお料理取材をするなかで実感した、ある才能の話について書きました。

AI文字起こし、何使う!? どう使う!? 問題

ライターをはじめ、多くの人を悩ませる文字起こしについての記事です。AI文字起こしサービスの比較、使ってみての雑感などを書いています。

3月どうでしょう

3月頭のワクチン接種をはじめ、つらつらと最近のことを書きました。

古いものを愛でて暮らす。すてきな暮らしを夢見つつ、すてきになれない人間の末路

今使っている机を買い換えるか使い続けるか? それを迷ってしまう背景には、いままでの人生のツケがあって……てな話を書きました。

三日会わざれば刮目して見よ、だるんだるんになってるから!

久々に「リングフィットアドベンチャー」起動したら、いろいろヤバかった、という話を書きました。また頑張ります。トホホ。