平凡

平凡

猫好きの星、保護猫カフェに現れる「猫貴族」

夫婦揃って、猫狂いだ。

最近では、お気に入りの猫カフェを見つけ、

休日はいそいそと出かけている。

 

わたしたちが通っているのは、譲渡型保護猫カフェ

保護猫、というのは、捨てられたり、野外で生まれたり、

そんなところを人間に保護された猫のこと。

譲渡型とは、店にいる猫たちは、新たな飼い主を募集していることを意味する。

希望し、一定の基準を満たせば、

カフェに在籍する猫を家庭に迎えることができる。

 

保護猫というと、人間不信で飛びかかってくるなどのイメージを持っている人も多いようだが、

カフェにいる子たちは、人懐っこい、もしくは人馴れした猫が選ばれていることが多い*1

膝に乗ってくる猫もけっこういる*2

 

ともあれ、そんな「保護猫」のイメージがあるせいか、

客は「猫であればなんでもかわいい」と思っているような人たちだ。

寝ている猫を起こしたり、抱っこしたり、追いかけたりする客は皆無。

スタッフも猫に無理をさせたりはしない*3

 

そんな客の中に、われわれが「猫貴族」と呼んでいる男性がいる。

 

その人は、いつもひとりで来店する。

落ち着いて見えるが、年齢はおそらくは30代前半か半ば。

来店すると、猫全員を軽くなでるなどし、挨拶をする。

そのあとは椅子やソファに座り、

ひたすら穏やかなまなざしで猫を眺めている。

ときには腕を組み、眠っていることさえある。

 

猫カフェのシステムは、たいてい1時間いくら、延長いくらである。

限られた時間の中で、かわいいナントカちゃんを写真に収めたい、

できればお膝に乗ってほしい、おもちゃで遊ぶなどして交流を深めたい。

そのように欲をかき、かえって猫に逃げられてしまう我々とは、モノが違う。

それに、床に座った方が、猫は膝に乗ってくるものだ。

彼は、そんなことは百も承知だろう。

あえての椅子やソファなのだ。

 

しかし、彼が猫貴族と呼ばれるのは、

時間と金にあくせくしないから、などという理由からだけではない。

 

まず、彼は、非常に猫、それもオス猫に好かれている。

普段は鳴くことのない、いかついオス猫たちが、

彼にはスリゴロスリゴロし、にゃーんと甘えた声を出す。

彼が退店するときは、名残惜しそうに足にまとわりつき、必ずお見送りがある。

寄ってきた猫に対し、彼はどうするか。

微笑み、ゴシゴシとやや強めになでる。

それだけである。

決してベタベタし続けたりしない。

 

何より、彼はその保護猫カフェから、既に猫を迎えている。

それも、とびきりやんちゃなオス猫を2匹。

SNSの投稿には、

ダンボールをかじられ、

家中のケーブルをかじられ、

高価そうなスーツケースの留め金を破壊され、

床には傷というより穴をあけられ、

兄弟のじゃれあいの果て、

キャットタワーが消耗品と成り果てる様子が記録されている。

 

彼は何を壊されようと、

ただただ誤飲を案じ、

感電を案じて頑強なケーブルを買い求め、

夜中の大運動会でたたき起こされ、

猫たちにくっつかれて幸せそうである。

 

兄弟猫は、何も彼の家に行って破壊活動に目覚めたわけではない。

猫カフェでもありとあらゆるものの破壊にいそしんでいたというから、納得ずくである*4

今、猫カフェで彼にまとわりついているオス猫たちは、

「この人こそ、われわれの理解者である」と感じているのかもしれない。

 

猫カフェから猫を迎え、その後も店に通う彼。

常連中の常連といえようが、

スタッフに馴れ馴れしく話しかけることはない。

店では寡黙である。

しかし、卒業(里親さんが決まること)が決まった猫がいると、

帰りぎわ、「何々ちゃん、おめでとうございます」とスッと伝えている。

ふるまいが、つねにスマートなのだ。

 

スマートといえば、こんなこともあった。

ある日、ぴょんぴょんと元気な子猫(オス)が、彼の膝に乗った。

子猫はまだまだ、遊びたそうである。

すると、彼は近くに座っていた夫のほうへ、さりげなく膝を向けた。

当然、子猫は夫の膝に飛び乗る。

われわれはそれを見て、いたく感動した。

なんたる余裕。

猫に愛し愛され、常に余裕をもち、

"持てる者"にふさわしい行動を忘れない。

これぞノブレスオブリージュ、

まさに貴族のふるまいではないのか?

ビバ・猫貴族!

 

そんなわけで、わたしたちは敬意を込めて、

彼を猫貴族と呼ぶようになった。

猫貴族が店にいると、なんとなくうれしい。

 

猫貴族は、猫好きとして、また、個人店の常連客として、われわれの憧れだ。

ああなれるとは思わないが、少しは見習いたい。

見習って、猫ちゃんたちと、もうちょっと仲良くなりたい……。

まだまだ、猫貴族の境地からはほど遠そうである。 

 

 

過去に書いた保護猫関係の記事はこちら。

大人の猫についてです。

hei-bon.hatenablog.com

 

保護された猫が看板猫になっているお店に行ったときの話。

店主と猫の関係が、とてもよかったのです。

hei-bon.hatenablog.com

 

 

 

*1:どんな性格の子が在籍しているかは、保護猫カフェにもよる。が、人がいる場所がストレスになる子を選んでいる保護猫カフェは少ないはずだ。また、保護猫イコール短毛の雑種というイメージもあると思う。が、なんらかの形で保護されれば、それすなわち保護猫なので、ブリーダーや飼い主に遺棄された純血種の保護猫も、世の中にはけっこういる

*2:私も夫も、実家で飼っていた猫はそういう性格ではなかったので、猫ちゃんに膝に乗られると、うれしい一方、「こんなに人懐っこいの?」とおののく

*3:信じられないことだが、スタッフが寝ている猫を起こすなど、人間の都合に合わせる猫カフェは存在する

*4:我々が通い始めてすぐ、その兄弟は猫貴族の家にいったため、伝聞である