読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡

平凡

フリーランス駆け出し時代を支えてくれたのは、ビビッドなピンクのケータイだった

特別お題「おもいでのケータイ」

 

フリーランスになって1年目のころ。

収入の不安定さ以上にこたえたのは、人とコンスタントに話すことのない生活だった。

会社に行って、好むと好まざるとにかかわらず、他人と話す。

そのことが、いかに貴重なことかを知った。

孤独以上に恐ろしかったのは、言葉が日々、自分の中から抜けていくような感覚だ。

それはテレビを見ても、本を読んでも補うことができないものだった。

人と話さねば。

 

そんなわけで、わたしは、週末のみの日雇いのバイトをはじめた。

チラシやバイト情報誌などを配る系もやったが、長続きしたのは、携帯電話の売り子だった。

家電量販店や携帯ショップの店頭で、ケータイを見ていると、「その新型は使いやすいですよ~」なんて声をかけてくる、あれ。

店頭で、「最新の機種が発売されました~。ただいまキャンペーン中です~」などとマイクアナウンスをしている、あれ。

 

研修(時給あり、交通費支給)で新機種や、キャリア(通信会社)が提供する新しいサービスを頭に叩き込み、新しいケータイをご案内。

最初はしどろもどろだったが、経験を積むうち、知識も蓄積していく。

毎週末、違う現場に派遣されて、知らないお客様と話す。

アレコレ要望を聞きつつ、1台が売れるとうれしかったし、

「ご通行の皆さん~~! 今日! 今日だけのお得なキャンペーンがあるんです!」なんてマイクアナウンスを工夫して、耳目を集めるのもなかなかに楽しかった。

 

10年前のことなので、お客様との具体的エピソードを書いてしまうと、

「ケータイはピンクに決めているんです」という若い男性のお客様が来店されたことがあった。

当然、ピンクのケータイをいくつかご案内した。

「これ! これです! こういう上品な色合いを求めていたんです」とお買い上げになったのが、

FOMA SH904iのプレミアムピンクだった。

FOMA SH904i サポート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

納得のいくピンクが見当たらない時期もあるとのことで、大変に喜んでいらした。*1

 

そんなわたしが当時使っていたケータイは、N904iのソーダピンク。

Alessiのステファノ・ジョバンノーニがデザインしたモデルだ。

FOMA N904i サポート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

この色の見本もお見せしたところ、

「そういうんじゃないんです! なんていうか! もっと! 上品な……」とおっしゃった。

ソーダピンクはとてもハッキリした色合いで、

角が丸くなったフォルムとあいまって、ビビッドな印象があった。

 

フリーランスになりたてのころの漠然とした不安、

❝売り子スイッチ❞を入れたときのアッパーな楽しさ、

やっと入った本業仕事のアウトラインを、

バイトの休憩時間にケータイをポチポチ打って考えていたときの興奮。

今ではぼんやりとしてしまった記憶のなかで、

このソーダピンクだけがビビッドだ。

 

やがて本業が忙しくなって、携帯の派遣バイトはきっかり1年で辞めた。

ソーダピンクのN904iを通じて、いくつもの仕事を受けた。

出先で、いろんな連絡をした。

GPS機能付きだったので、地図アプリは重宝した。

持ち合わせがないとき、おサイフケータイに助けられた。

やがて気に入っていたソーダピンクがハゲハゲになり、

「ずいぶん古いケータイを使っているんですね」と言われるようになり、

さらに「スマホじゃないんですか」と驚かれるようになってもなお使い続け、

フリーランス6年目ぐらいでスマートフォンに持ち替えた。

 

二つ折りのケータイが、「ガラケー」と呼ばれる前の時代と、

フリーランス駆け出しのころの記憶。

角が丸っこい、イタリアン・デザインのケータイは、その象徴だ。

だから、わたしの「おもいでのケータイ」はN904i

N904iの、ビビッドなソーダピンク。

f:id:hei_bon:20170316043205j:plain

 

sponsored by KDDI

*1:

今はすっかりとスマートフォンの世の中になってしまったが、ピンクの機種は少ない。

ああいったメタリックなピンクはほんとんど見かけないし、iPhoneだと別の色を使わざるをえないだろう。

ネクタイも上品な桜色だったあの男性は、どんな色のスマートフォンを使っているのだろうとときどき考える。

イマドキはカバーやケースでなんとかなってしまうのかもしれない。

フィーチャーフォンガラケー)を使っている可能性もあるけれど。