読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡

平凡

人生をコントロールしたい、すこしでも

年末は、年賀状を書いていた。

年々、出す先は少なくなっていく。

自営業者がこんなことでいいのかと思うが、

もうあまり重きを置かなくなってしまった。

もっと言うと、年々、重きを置く気力がなくなっているのを感じる。

 

大掃除など、家のことは思うとおりに進まず、

仕事はたくさん入った。

今年はずるずると、30日まで新規の仕事が増え続けた。

結果、1月4日提出のものが、積み上がっていく。

正月休みに進めることが前提となるが、年末年始は、両家の実家に顔を出す。

とくに、わたしの実家には、滅多に顔を出さないので、

気持ちとして、仕事だけしているというわけにもいかない。

 

そんなこんなで年は明け、納期続きで今に至る。

 

昨年は、生活のなかで、コントロール不能、と思うことが多かった。

仕事はたくさんある。

しかし、それを自分が捌いている感覚がない。

1年前より、スピードが上がっていてなお詰め込み過ぎなのか、

能率が下がっているのか、そんなこともわからない。

ただ、やってくる仕事に振り回されている。

そんな感覚がずっとある。

 

自営業者なのだから、仕事は、

「これをやりますか」と聞かれて「はい」と請けているものばかりだ。

「振り回されている」と言うなんて、間違っているし、未熟なものだ。

わかっているけれど、どうしようもない。

 

年末年始は、まさにそんな1年を凝縮したものに感じられた。

思うように進まない仕事、家事、家族との時間。

さらにいうと、身体が思うように動かない。

やる気が出ず、ずっと寝ていたいと思うことが多い。

 

今年は、制御をしている感じを取り戻したい。

仕事でも、家のことでも、自分自身のことでも、

自分の時間と人生は、わたし自身が手綱を握っているのだと感じたい。

 

そして、きちんとやりたいことをやりたい。

仕事をして、家庭があって。

大人になると、年々、それが難しくなっていくのを実感している。

でも、やりたいことをやらないとダメなのだ。

 

やりたいことをやっていなくても、意外と人生はなんとかなっていく。

年を重ね、図太くなった今、それがよくわかる。

ただ、やはり、自分の輪郭がドロドロと溶けていくような、そんな感覚がある。

 

やりたいこと、それは掃除かもしれない。

片付けかもしれない。

何かを作ることかもしれない。

映画を見ること、

絵を見に行くこと、

マンガを読むこと、

アニメを見ること、

小説を読むこと、

わたしの好きなことのすべて。

 

自分の輪郭が溶けると、「好き」が見えづらくなる。

わたしは、何が好きだったんだろう。

何をしたとき、充足を覚えていたんだろう。

それを取り戻したい。

 

わたしは、わたしの人生を制御したい。

わたしは、わたしでありたい。*1

 

仕事について、時間について、気力がないことについて。

今年も、頭にモヤが一枚かかったような、苦しい年になるだろう。

それでも、年末にたどり着いたとき、

少しでも、昨年よりもよい年であったと思えればよいと願っている。

 

「やりたいこと」のひとつとして、このブログも更新していきたい。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

*1:何をしていてもわたしはわたしなのだけれど、きちんと把握しながら生きていかないと、保てないものもあると感じている