読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡

平凡

ちょっとした優しさは巡り巡るのです、そう、たぶん、苹果のように。

「あの、ひょっとして、よろしかったら」

友人はそう言って、我々の前に立っていた女性に、席をゆずった。

今から10年ほど前だろうか。

胸元から広がるデザインのチュニックが、流行りに流行っていたころだ。

その女性も、そういったトップスを身に着けていた。

が、私がそのことに気が付いたのは、隣に座る友人が席を立ち、

冒頭の言葉を口にした後だった。

ふんわりとした布の内側で、腹部が丸みを帯びて、ふくらんでいる。

女性はほほえんで、

「ありがとうございます」

と席に座った。

「よかったです。違っていたら、その、失礼なので」

友人も、ホッとした笑みを浮かべ、つり革につかまった。

 

そのとき、私たちは女三人で電車移動をしていた。

友人は私たちに相談するような野暮もせず、

おそらく女性の体形に気がついてから、間髪入れずに席をゆずったのだ。

逡巡することのない一連の動きは、とてもスマートだった。

何より、かしましく盛り上がるなか、

彼女が周囲の人に目をやっていたことに驚いた。

 

電車を降りた後、「すごいね」と言うと、

彼女は、「お腹見て、ひょっとしてって思ってね。

チュニックは妊婦さんかどうか、わかりづらくて困る」と笑った。

カッコよかった。

私も善意や好意を、誰かにサラリと受け渡せる人間でありたいと思った。

 

乳幼児連れの人を見たとき。

妊婦らしき人を見たとき。

杖をついている人を見たとき。

私も席を譲ることはある。

しかし、あんな風にできない。

ひきつった表情で、「どうぞ」と言うか、

黙って席を立ってしまう。

しかも、「迷惑かも、嫌がられるかも」と汗をかいてかいて、

やっと行動に至る。

ちっともスマートではない。

それに、そういった態度は、相手に負担を与えてしまう。

 

それでもチャレンジしたいと思うのは、

あの日彼女が見せた思いやりが、私の胸にも灯ったからだ。

たぶん、友人が女性に席を譲った光景を見ていて、嫌な気持ちになった人はいないだろう。

気負いのない善意は爽やかで、周囲をあたたかくしてくれる。

世界がほんのちょっとでもよくなるとしたら、それの積み重ねしかないのでは。

大げさだけど、そう思ったのだ。

そしてもしその善意が巡り巡って、

いつかあの優しい友人が見知らぬ場所に困ったときに、

誰かが手を差し伸べてくれたらいい。

 

とは書いてみたものの。

まずは、「世界」とか「巡る」とか、

こういった壮大な気負いを捨てることが、スマートさの第一歩なのでは――。

わかっていながらも、座席を必要としているであろう人を見ると、

(譲るぞ、譲るぞ……)と肩に力が入りまくってしまう私であった。

 

特別お題「心温まるマナーの話」by JR西日本
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/jrwest