読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡

平凡

終わりなき欲求に駆り立てられて、私は今日もブログを書く

なぜブログを書くか?

んなもん決まっている。

書きたいからだ。

アクセスがどんなに少なかろうが、

テーマが定まらなかろうが、

迷走しようが、

書きたいから書く。

 

Evernoteでは、日記帳では、ダメなのか?」

と問われたら、ダメなのだと即答できる。

ただ、理由は答えられないだろう。

たとえ大海原の真ん中でひとり叫んでいるような状態であっても、

やはり公の場で書かずにはいられない。

プライベートで書く日記と、ブログは違う。

人の目にふれることを意識して発信する。

おそらく、そこに意味がある。

 

私は人のブログを読むのが好きだ。

とくに、何気ない日々をつづったものがいい。

たんたんとした日記を書いている人にも憧れる。

この人は、地に足つけて生きている。

その姿が文章で垣間見えるのがおもしろい。

ありふれた日常を綴っていても、

他者の目を意識する限り、

必ず文章はパッケージをまとう。

よりわかりやすく、読みやすく、魅力的になるように。

その編集の仕方ににじみ出る個性を感じるのも、楽しい瞬間だ。*1

 

有名無名のブログを読んでいて、

「この人は書くことの業に取りつかれているな」と感じる人がいる。

「業」というと大げさだけれど、

現行ブログの前にもブログをやっていたろう、と推測ができる人たち。

一定以上の年齢の人なら、テキストサイトをやっていたはずだ。

私も含め、そういう人たちは、インターネットがある限り、

どこかでテキストを発表し続けるだろう。

しかし、何がそうさせるのか、それがわかっている人なんているのだろうか。

 

誰かに聞こえる場所で、声を発したい。

そういった欲求をもった人間が、

ブログを書くだけで満足するかというと、そうではない。

主語が大きくなったが、少なくとも私はそうだ。

じりじりとした欲求に駆り立てられて、私はブログを書く。

書き続ける。

その先に何があるのか、わからないしわからなくていい。

誰かに承認されたらうれしいだろうけれど、そうしたら満足するだろうか?

答えはおそらくノーだ。

欲求のための欲求が、車輪を回し、私をキーボードに向かわせる。

 

インターネット以前の社会では、

この業や欲求は、どんな風に表現されていたのだろうか。

私の推測では、欲求の「種」は各個人のなかにあったけれど「種」に過ぎず、

テクノロジーがそれを発芽させ、顕在化させたのだ。

そして、一度気づいてしまった欲求、

「誰かに届くかもしれない場所」で声を発する喜びは、

忘れることができない。

 

だから、人は、否、私はブログを書く。

それが「私がブログを書く理由」だ。

 

他の方は、この問いにどう答えているのか。

本当は何に駆り立てられているのか、その答えはあるのか。

他ブログのエントリーを読むのが、今から楽しみなお題である。

 

今週のお題「私がブログを書く理由」

 

表現について、以前書いた記事。

仕事で自分らしさを排除する一方で、ブログを書く。

これはこれでバランスが取れているのだろうか。

hei-bon.hatenablog.com

*1:クローズドな日記帳とまったく同じような調子で日常を綴る人もいる。それすらパッケージであることもあるが、コミュニケーションを完全に排除したブログも見かける。そういったケースでは、書き手がどういった意識をもっているか、私には想像がつかない