読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡

平凡

世界がこんなにも静かだったなんて

ちょっと前まで、私の世界には、薄く何枚もレイヤーがかかっていた。

現実をうっすらと覆うように、空想上の世界がいくつか広がり、

それぞれの登場人物たちが泣き、笑い、戦い、動き回っていた。

というと、何かクリエイティブなようだが、

それはメロドラマ的だったり、ライトノベル的だったりする世界で、

シーンも限定的なものだった。

ただ、現実で見聞きした音楽や美術、私自身の感情に刺激され、

新たな話の展開を見せてくれることもあった。

 

アウトプットするつもりもない、私だけの世界。

長らく、それはあることが当たり前すぎて、

存在がある、とすら思っていなかった。

 

何年か前、自分が、同じような世界を、もう30年近く楽しんでいることに気がついた。

このまま年老いて耄碌したら、空想と現実を混同して口に出してしまうのではないか、と恐れるようになった。

ホームヘルパーに、「花京院さん、邪眼の調子はいかがですか」などと話しかけたら、

目も当てられない。

 

そして夫と結婚した。

人生のパートナーと出会ったことで、私の人生は、

地に足がついたものになった。

保険、年収、子どもは、住まいはどうするか。

週末の洗濯や掃除の分担。

現実としか言いようのないことについて、

我々は日々、語り合う。計画する。

 

私は長い間、自分自身が社会とコミットできていないことに、コンプレックスがあった。

自営業者になったのも、結局は、会社に馴染めなかったからだ。

社会から5ミリ浮いたような人生に居心地の悪さがあり、

大地をしっかりと踏みしめて歩いていくような、

そんな平凡な生活に、未来に憧れていた。

私は夢のスタートラインに立ったのだ。

それはとてつもてなく、幸せなことだった。

 

私の人生で、現実が今までになく輝き、力を持ち始めた。

それは真夏の白昼のように、まぶしかった。

明るく、視界が白むなかで、

私は次第に、空想の世界を見ることができなくなっていった。

 

空想の世界のことは、よいとも悪いとも思っていない。

さみしいから、現実にコミットできないから生み出したつもりもない。

ただ、物心ついたときから、私の世界をふんわりと覆っていた、それだけだ。

 

空想が遠のいてはじめて、今まで、私の内面は、

ずいぶんざわめきに満ちていたのだと知った。

登場人物たちの声、動き。

何よりも、現実とは違う世界の存在そのものが、

ざわざわと気配を発していた。

 

空想の世界が遠のいて、直接、困ることはない。

他方で、うれしくもない。

もちろん、不幸であるとも思わない。

ただただ、空想のレイヤーが外れ、

現実だけがしっかり、くっきりと目の前にある人生の静けさに、戸惑っている。

 

私は5歳児がお気に入りの毛布をしがむのをやめるように、

慣れ親しんだ空想から、やっと❝卒業❞したのだろうか。

自分自身では、どうしてもそうは思えないのだが。

 

この世界が、こんなにも静かだったなんて。

いつかはこの清潔な静かさに慣れるのだろうか。

明るさに目がくらむことなく、

身体をシャンとして、どこかへ歩いていけるのだろうか。

 

人生で思いがけなく訪れた幸せ。

そのエアポケットで、私は何も、見えないでいる。