読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡

平凡

自分の話

部活動、そのロールプレイと癒し

運動はとんとできない子どもであった。 暗い顔で、本ばかり読んでいた。 そんなわたしが大学に入ってすぐ、部活動に入った。 大学公認の、純然たる体育会系である。 比較的新しい競技なので、ややゆるい雰囲気ではあるものの、 それなりのしごきもある。 先…

フリーランス駆け出し時代を支えてくれたのは、ビビッドなピンクのケータイだった

特別お題「おもいでのケータイ」 フリーランスになって1年目のころ。 収入の不安定さ以上にこたえたのは、人とコンスタントに話すことのない生活だった。 会社に行って、好むと好まざるとにかかわらず、他人と話す。 そのことが、いかに貴重なことかを知った…

子どもの足音

木造の、古い古いアパート。 間取りは、かろうじてテーブルを置ける広さのダイニング・キッチンに6畳2間がついた2DK。 当然、家族連れが多く住んでいた。 そんな物件に、まかり間違ってひとりで入居したのは、 2011年の2月のこと。 わたしは独身で、夫とは…

雨宮まみさんに、ありがとうとさよならを

雨宮まみさんの連載コラム、「40歳がくる!」が更新された。 大和書房・WEB連載〜40歳がくる!MOB 雨宮 まみ vol14 これで最終回だ。 著者の雨宮さんが、11月15日に急逝されたから。 雨宮さんが亡くなったというニュースが流れたのは、 11月のよく晴れた日の…

フリーランスが仕事をもらうために必要な、たったひとつのこと

今日は結婚生活とはまったく関係のない、仕事について書こうと思う。 この記事の脚注で書いたことについて。 hei-bon.hatenablog.com フリーランスになって、10年たった。 「フリーになりたいけれど、仕事が来るか不安」。 同業者からそう聞くと、わたしは …

10年前の自分からのメッセージ。そして5年後の自分への伝言

10年前、仕事関係のアンケートで、「10年後の自分へ」メッセージを書いた。 同僚がやっていた仕事で、それがどう使われたのか、覚えていない。 変なアンケートだが、ともかく「10年後の自分に叶えていてほしいこと」を何項目か書いて、 ずっと覚えておけるよ…

こういう質問に答えていくと、ホームページ時代やミクシィのバトンを思い出しますね

今はなき「ザ・インタビューズ」に登録したとき、 あらかじめ用意された質問に答えているうち、 どんどん恥ずかしくなって、30分未満で退会してしまった。 人の回答を読むのは楽しいが、自分で書くのはダメだった。 しかし、やはり、こういったお題を見かけ…

ひとつになりたい、のかもしれない

ときどき、夢を見る。 ある夢では、凍りついた野山で、吹きすさぶ雪が顔を打っていた。 まつ毛に雪が積もって視界はせまく、 肌の感覚はすでに失われていた。 目を開けていられなくて、ああ、わたしはこのまま死ぬんだと思う。 そのとき心に去来するのは、恐…

誰かと過ごすとき、特別なことなんて何もしなくていいのかもしれない

母が上京する。 今住んでいる街を案内したくはあるのだが、我が家はいろいろと片付いておらず。 観光だけお供することとなった。 (申し訳ないことである) 待ち合わせ場所は銀座で、10時過ぎ。 その日、母はなりゆきで新幹線のチケットを取って帰るので、解…

ソーダ水のようなしあわせ

今年の夏は、なんだか溶けそうだった。 例年に比べてそんなに暑かったわけではないけれど、 じりじりとした陽光にやかれていると、 自分の境界線がぼんやりとしてくるので、 「わたしはこれこれこういう職業に就いていて、 結婚していて、 いま、こういう仕…

ちょっとした優しさは巡り巡るのです、そう、たぶん、苹果のように。

「あの、ひょっとして、よろしかったら」 友人はそう言って、我々の前に立っていた女性に、席をゆずった。 今から10年ほど前だろうか。 胸元から広がるデザインのチュニックが、流行りに流行っていたころだ。 その女性も、そういったトップスを身に着けてい…

フリーランス的ゴールデンウィークはどうですか? ぼちぼち仕事です。

「いつお休み取るんですか?」 「土日は休めるんですか?」 フリーランスだと話すと、まず最初に聞かれることだ。 これに対する私の答えは、「土日は、まあ、気は休まりますかねー」。 なんとも❝もにゃっ❞としている。 理論上は、フリーランスなので、休みた…

終わりなき欲求に駆り立てられて、私は今日もブログを書く

なぜブログを書くか? んなもん決まっている。 書きたいからだ。 アクセスがどんなに少なかろうが、 テーマが定まらなかろうが、 迷走しようが、 書きたいから書く。 「Evernoteでは、日記帳では、ダメなのか?」 と問われたら、ダメなのだと即答できる。 た…

さようなら、若き日々よ

「俺、やめたよ。今は、ぜんぜん別の仕事してる」。 久しぶりに会った彼は、はっきり言った。 酔いと居酒屋のざわめきでぼんやりした頭が、その瞬間、クリアになった。 それは、大学時代に所属していた部活の、同窓会のような集まりだった。 運動系の部活で…

世間知らずのころ

新卒で入った会社には、丸2年しか勤めなかった。 10人前後の小さな企業だったこともあり、後輩をもった機会はわずか1回きり。 その人は、40絡みの男性だった。 くたびれたスーツを着て、どこかだらしなく見えた。 「美味しんぼ」初期の山岡をリアルにしたら…

自分らしく表現し続けることだけが、本当に「善」なのだろうか

このブログは結婚生活について書く場として始めたのだが、 今回はまったく関係ないことを書く。 たとえば絵描き、漫画家、ライターなどについて、 「あれは依頼者・編集に言われて書いたから不本意なのだろう」 「興味ないことを描(書)かされてかわいそう…

漂流するように、この仕事にたどりついた

今週のお題「今の仕事を選んだ理由」 私は、今の仕事を選んだのだろうか。 よくわからない。 一番はじめに働いたのは、この業界の、別の仕事だった。 合わなかった。 無職やフリーターを経て、20代半ばになった。 なりゆきで始めたアルバイトは、接客業だっ…

世界がこんなにも静かだったなんて

ちょっと前まで、私の世界には、薄く何枚もレイヤーがかかっていた。 現実をうっすらと覆うように、空想上の世界がいくつか広がり、 それぞれの登場人物たちが泣き、笑い、戦い、動き回っていた。 というと、何かクリエイティブなようだが、 それはメロドラ…